事業承継する人材がいないならM&Aに相談しよう

良い仲介会社を見つけよう

会社

企業の経営戦略としてm&aは重要な選択肢の1つと考えられるようになってきました。また、最近では大企業だけでなく、中小零細企業において、m&aが活発になってきています。この背景にはm&aの仲介会社が増えてきたことが挙げられます。もしも、m&aを検討する際には、仲介会社の選び方にも気を付けましょう。仲介会社を選ぶ際には3つのポイントがあります。まず1つ目のポイントが実績です。m&aは、会計から法務、税務などの専門知識を駆使することになります。これらの知識を十分に有しており、しかもその知識をしっかりと活用できている仲介会社を選ぶ必要があります。過去に関わった案件や規模を把握しておくとよいです。2つ目のポイントが得意分野です。m&aの仲介会社にはそれぞれ得意な分野があります。自社が仕掛けようとしている事業分野に強い仲介会社を選ぶことができれば、話もスムーズに進めることができますし、その後の事業展開についてもアドバイスをもらえる可能性があります。3つ目のポイントは仲介会社の担当者です。m&aは短期間で終わるような仕事ではありません。まずは担当者に社風や社内文化など、自社のことを知ってもらう必要があり、そして将来のビジョンや事業展開などを共有していく必要があります。そのためには何回も話し合いを重ねて、多くの議論をする必要があります。真剣に向き合ってくれる担当者に出会って初めて、良い買収先が見つけられるのです。これら3つのポイントをチェックして、良い仲介会社をパートナーにしましょう。