事業承継する人材がいないならM&Aに相談しよう

企業合併買収の方法

握手

それぞれのメリット

m&aの手法としては、基本的に株式譲渡になります。しかし、実際は実務上の状況に合わせて様々な形態を採る必要があります。まず、基本形の株式譲渡です。こちらは売主が買主に対して対象となる会社の株式を売却して、その株式譲渡代金を売主が受領するm&a買収手法になります。この場合の買収対象は会社全体になり、売却後に対象会社を子会社化します。株式事務はm&aの手続きとしても一般的な方法であり、m&aの手法の中で最も多く使用されています。株式譲渡のメリットは次の通りです。株式譲渡だけでm&aが可能ですので簡便と言えます。また、契約関係などもそのままの状態で移転できますので、賃貸借や取引などは現状の状態のまま継続できます。さらに許認可についてもそのままの状態で移転できますので、許認可取得手続きなどの必要もありません。そして譲渡対象になる会社はそのまま子会社になりますので、企業組織などの融合を省けます。次に事業譲渡です。これは営業譲渡とも言われれています。売主が買主に対し、対象となる事業そのものを売却する行為です。売主である会社が事業譲渡代金を受領する、m&a買収手法になります。事業譲渡の場合、買収対象となるのは売主である会社事業の一部です。買主は買収後、対象となる事業を一体化します。この事業譲渡は、m&aの手続きとしては株式譲渡に次いで多い手法です。株式譲渡の方法では難しい時によく使用されます。営業譲渡のメリットは、必要事業や契約関係のみを承継できますので、不要な契約関係、事業、簿外債務などの承継を回避できることです。