事業承継する人材がいないならM&Aに相談しよう

後継者に事業を承継する

男女

承継する際のポイント

事業を長く続けていくと出てくる課題が、経営者の高齢化です。経営者やオーナーが高齢化を迎えた際には必ず事業を譲渡や売却、承継していかなければなりません。身内などの信頼できる後継者が存在する場合は、M&Aにおける事業承継を行っていくべきです。これは相手が顔見知りであることから当事者だけで話を進めてしまいたくなりますが、それは止めておきましょう。こういった事業承継もれっきとしたM&Aであり、高確率で話がこじれていってしまうものです。また、従業員などの多くの人材や事業を運用するための設備に関するものなど、多くの経営資源に関わってくる取引となっています。しっかりとM&A専門のコンサルタントに依頼し、仲介を行ってもらうのが重要なポイントです。こういった冷静な第三者がいるとトラブルを未然に防ぎ、滞りなく事業承継を進めていくことができます。単純な契約締結だけでなく、その後のPMI、後継者の育成や事業の引継ぎ業務なども行ってもらえるので安心です。事業承継などのM&Aを実行すると決まった場合は従業員にしっかり話を通しておくべきですが、そのあたりのコンサルティングも受けられます。従業員の不信などによる離職なども適切に防ぐことができるでしょう。身内に事業承継する際は、よその企業を相手にするときよりも気が緩んでしまいがちです。しかし、これも立派なM&Aであり、事業を長く存続させるための重要な取引となっています。コンサルタントに仲介してもらい、確実に円満な契約締結をしましょう。

ビジネス

企業の買収を紹介します

m&aは、他の企業における事業・資産を取得する方法として知られています。主に、買収する側の資金を新たに調達する意味合いが強く、新規に市場に参入する流れが確立されるようになります。双方の入念な準備が必要です。

会社

良い仲介会社を見つけよう

m&aは検討を始めてから買収完了まで長期にわたる仕事になるので、仲介会社選びは慎重に行う必要があります。良い仲介会社を選ぶためには、その仲介会社における過去の実績、得意分野、担当者の熱意を確認しておきましょう。